バスタオルを活用しましょう

バスタオルは大きくて洗濯をしても冬場などは乾きにくいため、最近では全く使わないという家庭も増えてきています。

しかし、お風呂上がりに小さなタオルで拭くよりも、大きなバスタオルで身体を包むようにして拭く方が気持よいものです。

産経ニュースに関してとにかく簡単に調べられます。

柔軟剤のCMなどでお風呂上がりの子供をお母さんが優しい笑顔で見つめながら大きなバスタオルで包んであげるのを見た事が誰でも見た事があると思います。

大きなバスタオルでふんわりと身体を包むのは大人でも気持ちが良いものですが、全身を包んでさっと水分をふき取れるので、夏場は汗をかきにくくて良いし、冬場は身体が冷え切る前にさっと拭いてさっとパジャマを着れます。
また、夏場には子供には必需品です。


水泳の授業などでどうしても外で着替える必要が出てきますが、最近流行りのラップタオルは身体を隠すのに便利ですが、さっさと洋服を着たい子供にとってはラップタオルとフェイスタオルだけで水分をふき取るのは大変です。

なるべく面積の広いタオルでさっと拭きとりたいし、ドライヤーがないので髪の毛の水分まで拭きとるには小さなタオルだけでは不十分です。

荷物や洗濯物が増えますが、なるべくバスタオルも用意してあげたいものです。また、夏場はタオルケット代わりにもできます。



子供にはちょうど良いサイズですし、タオルケットを足元までかぶりたくない大人がお腹を冷やさないように何かかけたい時にもちょうど良いサイズなので便利です。

今治フェイスタオルについて正しい知識を持つこと重要です。